2017.07 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 2017.09

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

いつも半袖の子

2012.08.16 Thu
まっいどぉー♪


昨日に引き続き今日もフェイジョアーダ。
好きだからいいねんけど、いつまで続くフェイジョアーダ祭り♪
日、月、火、水。 4日か。
今日終ると思ったけど、しこたま残ってたし
冷凍すればええねんけど、うちの冷蔵庫、昭和時代のレトロ冷凍庫やから、
びっくりするぐらい冷凍庫ちっこくて入らんの。
ついでに霜も降りるから、常にガリガリ霜取ってるねんでー。



この前、幼稚園のおとっつぁんの会に参加したとき、
(その時の記事はこちら
私はある女の子を探していたの。

その子は大輔と同級生やねんけど、いつも半袖、短パンで鼻水たらしてる子やねん。
ブラジルは日本と違って、貧富の差が激しいから、
ボロボロの服を着ている子はたくさんいるねん。
で、その子もぼろぼろの服着てるねんけど、明らかに親が世話を放ってることがわかるねん。
ぼろぼろの子でも、ちゃんと登園してきたら、洗濯されたてできれいやねん。
でもその子は汚れやシミや、昨日と同じ服であったりするねん。

この冬の寒い日も、いつも半袖と短パンでブルブル震えてやるねん。
あのいわゆる寒風摩擦ともちがうねん。
昔はいつもクラスに一人いたやん?冬でもランニングな子。
それではないねん。
担任の先生が見かねて、親を呼んでも来なかったらしく、
結局は幼稚園の園長先生が呼び出していた。


なぁんかその子が不憫でなぁ。
とても元気な子やねんけど、1日1日の感情の差が激しいねん。
ある日はすごく荒々しく、また別の日は私にも指をくわえて甘えてくるねん。

親はいつも公園に友達といて、
その子は放ったらかし。
車が通っても気にしないし、いつもスナック菓子ばかり与えてるねん。
お肌もな、その子はたけだらけでがさがさなんよ。

母の日なんかに親へのプレゼントを幼稚園で作って、
家に持って帰らすねん。
たいがい母親はリュックから見るために取り出すやん?
その子の親は見もせず、何日間かリュックの中にあるまま。

先生との面談も一度も参加したことない。
子供がどんな風にすごしているかとか、興味ないんやろうな。
いつも面談に出てくる親は決まってる。
13人ぐらいいる中で、参加するのは大抵半分ぐらいちゃうやろうか。
もちろん仕事で来れない親もあるやろう、でも、いつでも先生は時間を割いてくれる、
話をしてくれる、けど、それもないって担任の先生が言ってた。


私は大輔が初めての子で、幼稚園とかで親と交流することは今までなかった。
一個人として交流することしかなかった。
でも、子供を通すして見ると人はまるで違ったように見えてくる。

ブラジルにも日本の児童相談所のようなところがある。
コンセーリョ チトゥラーって言うねんけど、日本と違ってとても厳しい。
例えば10歳以下やったかなあ、
家に子供を一人で残していくと、親は警察につかまるねん。

最近、ヒデヲの会社の社員も病院に行ったときに子供の痣が発覚し、
子供と隔離されて刑務所に入っていた。
今は別々に暮らしている。
その社員はアル中で、子供を虐待していたらしいけど、
それでもその子供は母親を求めて泣いているんやて。

なんかもどかしいなあ。
子供は親を選べない、まさにその通りやんなあ。
第三者である私からしたら、児童相談所が入ったらええのにと思うけど、
そんな親でもその大輔の同級生の子にしてみたら親やもんね。


そのおとっつぁんの会の日もね、
やっぱりその子は来ていなかった。
フェスタジュニーナ(ブラジルの冬のお祭り)にも来ていなかった。
みーんなで踊りの練習したのになあ。


子供って賢くて、そしてとても敏感だ。
幼少期の記憶は意外に残るもの。
その子が傷つかなくてよいように、
その親が少しでもかわるように、
これからも大輔と一緒に歩む幼稚園、小学生と私は見続けていきたいなと思う。


07072012xperia 1303
関連記事
スポンサーサイト


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
<<屋根の上からまいどです | ホーム | 髪の毛ボトックス>>


つらいなあ

まりちゃん、まいど〜。

うーん、なんだかとってもつらい話だよね。その子は、ニグレクトの虐待だよね。。。親が子供に関心なくて、ほったらかし、っていう。子供の感情の起伏が激しいって、それはそうなるのしょうがないとはいえ、その子も周りの人も、大変だろうなあ。。。

親の虐待に対して、ブラジルは法律厳しいんだね。勉強になるよ!日本はこのへん、遅れてると思う。慰謝料にしても、払わなくても刑罰ってないしなあ。前の仕事で、離婚とかドメスティックバイオレンスとかばっかり扱ってたけど、こういうとき、本当に子供かわいそう。日本は離婚しないほうがいい、っていう文化やけど、不幸な結婚は解消するという手もある、っていうことがもっと伝わってもいいんじゃないかって思ったよ。離婚云々より、親の精神状態が安定している、というほうが、子供にとって大事なんじゃないかな、って思ったり。

その子、見守ってくれるまりちゃんがいてくれてよかったな。どうか反社会的な方向に走らず、大きくなってほしいよね。

ブラジルの異文化な中、しなやかに賢く楽しみながら生きているまりちゃんに、すごく勇気をもらえるよ(^_^) Stay beautiful!

Re: つらいなあ

うん、そうやねん。
まさにニグレクトやの。
なんだか見てられないで。
若いお母さんでな、多分17,8ちゃうかなあ。
うちにも服を見にきたことあるんやけど、
子供の服なんてそっちのけで自分の服しか見てなかったよ。

うん、慰謝料は払わなかったら捕まるぐらいのほうがいいやんね。
ブラジルなんてみんないい加減やから、そうでもしないと誰も払わへんのちゃうか!ふふ
でもね、おかしいのはそれで刑務所に入るんやけど、
殺人犯とか麻薬で捕まった人とまったく一緒のところやねん。
それは別の刑務所にするべきやない?と思うんやけどなあ。
全く別物やん?慰謝料払わないのと、殺人犯とは。
まったく麻薬に関係なかった人も、刑務所が一緒だったばかりに麻薬に手を染めてしまう人も
多いみたい。将来的に別の刑務所ができればええのにね。

覚えてるよー、もちろん!
ちかちゃんいっつもドメスティックバイオレンスのことや国際離婚の話してたやんね♪
私には新鮮やったけど、毎日聞いてたちかちゃんは憂鬱やったやろうねぇ。
でもスペシャリストやったな!
何か国際離婚でお世話になる時は、また話聞いてな♪ ふふ

私も離婚ってあかんことやないと思う。
無理に一緒にいて子供に変な影響があるぐらいなら、
お互い別の道を辿ったほうがいいと思う。
ブラジルは気持ち良いぐらい、くっついたりはなれたりしてるで。
びっくりするぐらい。
だから結婚という紙切れに執着もしない。

わー、ちかちゃん、ありがとう。
しなやかってすごく嬉しい言葉やなあ。
前はね、全然しなやかやなかったんよ。
心が折れて腐っていて、こんな風に物事見ることができなかった。
覚えてる?最後あったときもグチグチ言ってたのー?ふふ
name
title
mail
url

[     ]
トラックバックURL
http://marincoco.blog.fc2.com/tb.php/40-3f5bf69f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。