2017.07 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 2017.09

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

銃を保持する

2013.05.05 Sun
まいどまいど♪



この前友達と話していたときのこと。
何の話の流れか忘れたけど、



家に銃あるねん


と、しらっと言う友達。



ええええええっ???????



とびっくりした私。

もう1回言ってもた、えええええええっ??????? って。

そんな反応をよそにフツーな反応の友達たち。
聞けば家に銃があることはよくある話らしい。



一応登録とかあるらしいけど、この国では登録=お金買えちゃいます、やんけ。



彼が言うには、やはり泥棒対策。
家に泥棒が入ってきてもしも奥さんや娘たちを襲ったりレイプされたくないからやって。
そうなる前に撃つって言ってた。
躊躇することなく容赦なく打つって言ってた。


自分の大事な人たちを自分で守らなあかん。


それが彼の銃を保持する理由。




銃規制には賛否両論がある。
ブラジルでは数年前に銃規制を強化するかどうかで、結局反対になった。


家族を守る、それはとても正当な理由に思える。
けど、私はヒデヲが私たちを守るために銃を持つのはいややなぁ。


家族を守るものかもしれない、
けれどそれは逆に家族を壊してしまうものになり得ることもある。


息子が家にあった銃を勝手に持ち出して、恨みのあった友達を撃った・・・、
なんてほんまよく聞く話。

妻が浮気していて、夫が逆上して家にあった銃で撃った・・・、
これもよく聞く話。



家族を守るもののはずが、家族を崩壊させてしまうかもしれない。


私はヒデヲにもやけど、彼にも人を傷つける側であってほしくないなぁと思う。
例え結果自分たちが傷つくことになるとしても、
やはり人を傷つける側であってほしくないと思う。




関連記事
スポンサーサイト


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
<<マフィア御一行様 | ホーム | サンパウロ宴 第二弾 その後>>


no subject

どちらも英国での話しです。

友人の弟が、2年ほど前に強盗に遭いました。
3人組にナイフで脅され、そのままATMでお金をおろすよう命じられ、さらに車と携帯を持っていかれました。

別の友人は、バイクで信号待ちをしていたら、後ろに男が急に座ってきて、ナイフを友人の首元を当て、降りるように命じ、そのままバイクを持っていかれました。

ナイフでも十分すぎるほど恐ろしい出来事ですが、“もし銃がやったら・・・”と思うと言葉もありません。
アメリカの銃乱射事件なんかをニュースで見る度に、『日本には銃がなくて本当に良かった』と、心底思います。
でも難しい問題ですね。。。
まりんこさんの友人の考えも十分わかりますが、まりんこさんの考えもよくわかります。
日本に比べると、ブラジルは犯罪率が高いと聞きますが、やはり銃は持ちたくないですよね。
銃を持つことによって、被害者にも加害者にもなる可能性はありますから。
犠牲者はもちろん、その残された家族、そして加害者の家族のことを考えると、胸が痛いです。
世界中の銃が、1丁残らずなくなればいいのに。。。

no subject

こんにちは!

素人が銃を買ってもいきなり撃てないと思います!
銃を持ち出す時点で普通の状態ではないだろうし、特に動く人間を撃つとなると当てる確率は相当低いと思います。
僕はアメリカで銃を撃ったことありますけど、〝ダーティーハリー〟の44マグナムも両手で撃っても凄い衝撃がくるし、〝ターミネーター〟に出てくるような9ミリショットガンなんか、次の日筋肉痛になりましたからね。
特に相手が普段から銃を持ち歩いて悪さをしているような輩だったらこっちの仕草で素人かどうかすぐに見破られてしまうだろうし、逆に取り上げられたり、逆上させてしまうかもしれません。
僕も銃を持つことは反対ですが、ブラジルで生きていく以上、銃が必要になるかもしれません。
もし、銃を購入するとしたら、僕は買ってから相当練習します。
そして、僕しか知らない隠し場所に隠して、家族には絶対に触らせません。
まりんこさん、もし銃を持とうと考えているなら〝防犯スプレー〟の方がいいかもしれませんよ。
今日はちょっとマジメなコメになってしまったけど、テーマが〝銃〟だけあって真剣に語ってみました。

そうそう、今日テレビで『バイオハザードⅣ』がやってたんですけど、銃を振り回す女優さん(ミラ・ジョヴォビッチではない方)が一瞬まりんこさんに見えてしまいました(笑)

no subject

銃を持つというのは怖い事だと思う。
それなりの覚悟が無いと使った後に精神がどうなるのか。
先月末にアメリカで5歳の男の子が両親にプレゼントされた子供用の銃で遊んでて誤って2歳の妹を射殺してしまった。
突っ込みどころが多すぎるよね。
子供用の銃とか親からのプレゼントとか、親は銃に玉が入ってるの知らなかったていうのも驚きだし。

私も1瞬で人を殺めてしまう銃なんて一生触れたくない。
それでも弱い立場である子供に危害を加える相手にはそれなりに対処すると思う。
私は子供を地震や津波から守りたい一心で移住を決意した。
それなのに、ここで人災にあっては悔やみきれないから。
子供に危害を加える相手が現れたら私は相手に危害を加えてでも守ると思う。
殺める事はできないし、したくないけど。

旦那がいない事が多い我が家では何かあった時に私が子供達を守れるようによくイメトレをしてます。
強盗が現れたら包丁を持ち出して相手を縛るとかね。
家事になったらどうするかとか・・・。
実際行動に移せるかどうか分からないけど、こんなイメトレをしてる私って変かな?

こんにちはー

ブラジルのドラマ見てたら、部屋の小さい引き出しから銃を取り出すシーンを時々見かけます。
だから、え!?ブラジルって銃所持していいんだっけ?って思っちゃうんですけどほんとはダメなんですよね。

やられる前にやる、やられたらやり返す・・・
そのゴタゴタの解決に登場するのが銃って悲しいことだなぁ。
でも泥棒が多いブラジルでは必要なのかな??
物を取られるだけだったら、また頑張ればなんとかなるけど、
レイプされたり殺されたりするのはやっぱりイヤです(´;ω;`)

銃を所持する前に、泥棒が活動しにくい環境づくりをご近所さんなどみんなで努力しないとですね。
あと、ケンカの仕返しとかで銃を使うおバカさんにならないように、親のわたしたちは子どもたちの心と体を強く育てないとですね!

Re: まいちん

怖いね、友達の話。

うん、ナイフでも怖いのに銃やったらもっと恐ろしいやんね。
ここでも前は渡すもの渡してたら殺されることはそこまでなかったのに、
最近は車やバイク、所持金渡しても、パンと殺されちゃうことが多い。

うん、そう思う。
銃を持つことによって被害者にもなりえるけど、加害者にもなりえるんよね。
ほんま、紙一重。

私は友達の言うことがすごくよくわかる。
大事な家族を守るため。
それでも逆に迎え撃つことによって、強盗だけで済むものを、
撃ちあいになってどちらか一方が死ぬ可能性もある。

キリがないやんね。
ならそのうち歩いていても銃を所持したくなるやんね。
何も起こらない事をただ願うだけやわ。

Re: nipulちょん

こんにちは、nipulちょん。

うん、私も素人がいきなり銃を持っても撃てないと思う。
ただ友達はしっかり訓練を受けているんよ。
というか、所持している人はみんな何らか訓練してるやんね。
いざというためにもっているんやから。

nipulちょん、
子供が持ち出して誰かを傷つけた家族はみんなそう言うんよ。
家族が触れないように隠してたのに!と。
みんな家族を守るため、誰も知らないところに隠してるというけど、
子供はバカじゃない。
友達も隠してたけど、6歳の息子に見つかってたで。

私は銃なんて持たない。
核と一緒よね、他国が持ったら自国も不安になって持ちたくなる。
でもそんなことやってたらいつまでたっても廃絶なんてできやしない。
私はやっぱり持たない勇気が必要やと思う。

え???nipulちょん???
ミラ・ジョヴォビッチが私でないの?
私、彼女好きやのになぁ。。。
もう一度見てごらーん。ミラっちが私に見えてくるはず・・・。

Re: macedinhaちゃん

すごいなぁ、両親が子供に銃をプレゼントするんやーーー。
私おもちゃの銃でもあげない。
なんか子供でも持ってるだけで妙にリアルで嫌だ。

友達もね、子供にもうすぐしたら教えるって言ってた。
場所はわからないように隠すのに、使い方は教えるなんて矛盾してるやんね。

そうやんね、macedinhaちゃんたち地震がきっかけやったもんね。
ほんまやね、天災を避けてきたのに人災に合うなんてなったら、
ほんま悔やんでも悔やみきれないね。

天災はほんまどうしようもないやんね。
私阪神大震災のときに、
地面が揺れながら、ほんまに思ったもん、ああ、私死ぬなぁって。
不思議とすごく落ち着いていて、
やっぱり天災の前ではできることは何もない。

ううん、変なんかちゃうでーーー。
ちゃんと準備ができていてよいと思う。
私もmacedinhaちゃんとこと一緒で子供と一緒にいるのが多いから、
何かあったら全てを渡すようには心がけてる。
私抵抗しそうやから、とりあえずぐっと我慢して抵抗しないようにって唱えてる。

no subject

銃を持つことー!?チャンバラ世代からの斬新とか思ってたりー??ダサい。ダサ過ぎる。
子供がみっけてしまうくらい好奇心を煽るものを大人が所持するってことがガキっぽいって言われるに相当すると思ってそんな考えはすぐにでも違う考えへ改めるべきだなと思う。親が子供に教えてあげられることは、楽しかったのかー!そんなら良かった!と思うだけでいいわけだから。
勝手にステージを進めることは取り巻くこと、人たちに余計マイナスに働くことだってあることを感じやがれって不快に思うこといっぱいだー!芯の確立貴重だねー。ぶれない自分を見つけることが大切だね。武器なんて考えもしないくらいマスコットのようにおもってる人になれる、なっちゃった、いいね〜当たりたくないっしょー!そんな小さい玉によ!


Re: こんにちはー

こんにちはー、エルさん。

エルさんってもしかしてブログしてるのかしら?
最近ブログ村でエルさんというかたを見たのだけれど、ただの同名???

そうですよね、一応所持するためには登録が必要みたいですけど、
ブラジルの登録って形だけのようなものやし、どうせ買えるんやと思います。

ほんと、泥棒多いですよね。
友達の家も3回泥棒に入られ、中にはやっぱり銃が絡んだ事件もありました。
おお怖い・・・・・・。
田舎なうちは日本よりも安全で玄関から窓までガラ空きでございます。

そうですよね、私もそう思います。
やっぱり近所づきあいで防げることはたくさんありますよね。
そういううちは、両隣ガラ空きなんですけどね・・・。ふふふ

Re: よちみ

ね、私もなーんかダサイって思っちゃった。

守る気持ちはわかるけど、キリがないやんね。
じゃあ彼が家にいないときはどうするんやろ?
きっと奥さんに使い方を教えてるんやろうね。
じゃあ奥さんがいなくて、お手伝いさんしかいないときは?
じゃあ歩いてるときはどうすんの?
終わりがない。

ん?当たりたくない?そんな小さい玉?
そこらへんよくわからんかったけど、
とりあえずぶれない自分って強いやんね。
よちみもこの前、w様に同じ話も聞いたんやんね。
すごいね、言葉って。
人をこんなにも強くするね。でも同時に世界で宗教を巡って戦争が起こるのも理解できる気がする。
だってブレないんやもん、双方曲げないんやろうなぁ。
でもほんまにブレないって受け入れることでもあるんやと思う。
自分たちの考え方がこうで、相手は違うけど、なるほどそういうのもあるのか、
そう理解できたらもう少し平和になるのかな。

おっかない。

最初に知った銃ってさ
峰不二子ちゃんがガーターベルトにはさんでた銃。
次に知ったのは
太陽にほえろ、の七曲署の刑事たちの銃。
どっちもバーチャルやなあ。
まいちんさんのコメントもまりんこの言葉と同じく
ずっしりしとるね。
オレは、『守る』の意味をはきちがえとると感じるけん
銃は反対。
アメリカ的ないらん世話な考え方だ。
しかし自衛策はどこまでもエスカレートしていくね。
やはりおっかない。

そうです、それはわたしです!

ブログ、ずっと放置してたんですけど、
フェイスブックも楽しいけどもっと外の人のブログを読んでお話したり考えたりしたいなーと思って最近ちょこっと頑張ってます(o^^o)
田舎住みなので遊びに行くとこもないし、そんなおもしろいネタはないんですけど。
そんなわけで、仲良くしてもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いしまーす☆

Re: おっかない。

わー、時代を感じますねぇー、ゆきゑさーん。
私太陽にほえろ、見たことないんですぅー。うふ

私が最初に見た銃は何だったかな、覚えてないなぁ。
とりあえず、一番最初にドキっとしたものはまいっちんぐまちこ先生やったことだけは
覚えてるねんけどなぁ。

私も銃は反対。
相手が持つから、自衛のために自分も銃を持つという考えは短絡的やと思う。
暴力に暴力で対抗していたら、やっぱり火に油をそそぐだけ。

でもブラジルは例え規制を強化したところで、あまりかわらなさそうやなぁ。
だってその規制自体がお金で買えちゃうんやもんなぁ。ハァ

Re: そうです、それはわたしです!

おおおっ!
エルさんだったのねーーー。
早速おじゃましーようっと♪

エルさんも田舎に住んでるのですか?
私もです!
というか、きっと私のほうが田舎度は勝つと思います!ふふ
私もブログ始めたときに田舎やしネタないやーーんって思ってたんですけど、
逆にブログ始めてから小さいことに色々気がつくようになりました。

お互い田舎ネタで盛り上がりましょう!
よろしくでーす♪
name
title
mail
url

[     ]
トラックバックURL
http://marincoco.blog.fc2.com/tb.php/182-f9f96ccb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。