2017.03 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 2017.05

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

心の芯となるもの

2013.05.02 Thu
まいどっどっどーーーん♪


やあやあ、5月やね。
日本は黄金週間やないのーーー!


ここブラジルに黄金週間はないけれど、私も今週は輝いた週やった。
いや、現在進行形やな、輝いてる。


ここ数ヶ月前からずっと気になっていたこと。


友達の心の芯となるもの。


大好きな友達が、僧侶で、そして僧侶の妻。

自分が苦しく、さすがにもうあかんわって思ったとき、
彼らたちがさらりと言ったその言葉たちがすとんと心に落ちた。


笑っちゃうぐらい、心に馴染んだ。

それから月日を重ねるごとに、彼らたちの言葉がやわらかく私の心と体をどんどんと包み始めた。

より一層、その心の芯となるものを知りたくなった。



ただ、私には一抹の不安があった。

もしもその芯となるものが絡むことによって、私たち友達の関係が変わってくるのでは、、、と思った。
今は心許せる、何でも話せる友達だ。
けれど、その心の芯となるものがあまりにも畏れ多いため、
今までのようにバカなことを言ったりできなくなるのではないかと思った。
また逆も言える。
もしや彼らたちが、私の嫌な所を見つけるのではないかと思った。



悩むこと数ヶ月。


不思議とその思いが切れた。
彼らたちは全てを受け入れてくれるやろう。
そして私も嫌なところを全てさらけだせれる、そんな自信が湧き出てきた。



そんな経緯があって、この日を迎えさせていただくことができた。





結縁灌頂




如来様とご縁を結ぶ儀式



p2.jpg



p1.jpg



p3.jpg


p4.jpg



p5.jpg



おかしいなぁ、
私宗教なんていらんわぃって思ってた人。
保育園・大学と某宗教系のところに通っていたのだけれど、どうもその考えにしっくりこなかった。

宗教なんていらない、私はたくさんの本から心の芯となるものを探してきた。
でも、宗教って本と一緒、いやそれ以上。
宗教のことだけやなく、多岐にわたることを教えてくれる。
ややこしい考えをするっとシンプルにまっすぐにしてくれる。


脳天から足の先っちょまで、ふわふわしたやわらかいベールに包まれてる気分。


幸せ♪




やわらか夫婦のブログはコチラ

関連記事
スポンサーサイト


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
<<サンパウロ宴 第二弾 その後 | ホーム | サンパウロ宴 第二弾しゅうりょうーー>>


no subject

こんにちは!

日本の黄金週間に全く関係なく生活しているニプルです(笑)

結縁灌頂、バッチリまりんこさんとマッチしたみたいですね(笑)
でも今日の記事を読んでまりんこさんがこの日を向えるまでにいろいろ悩んでいたことを知りました。
それでも自分で結論を出して、新たな体験をして、それが良い結果になってよかったですね☆

前に僕が見たブラジルのドキュメンタリーでストッキングを頭から被ってインタビューに答えていたギャングも、警官がファヴェーラに乗り込んできたら銃で撃ち殺すとか言っていたのに、それでも俺は家族を愛して神を信じてるって言ってましたからね。
やっぱりブラジルで宗教の力って大きいのかもしれませんね(笑)

なんだかまりんこさんが今まで以上に光り輝いて見えます(笑)

no subject

心の芯を見つけられたのか。。。
羨ましいなぁ。
私は未だに不安定な気がする。
今の生活は楽しいけれど、何かが足りないような。
贅沢かね?

ちょっとした事でイライラしたり、落ち込んだり。
頭悪いからすぐに忘れちゃうんだけどさー。
そういう心の揺らぎが無い様などっしりとした何かを求めてるんだよね。
宗教って今まで全く興味がなかったけど、ゆきえさんのブログ読んでると気になってくるよね。
あの夫婦は憧れる。
最近読み始めたけど、まりんこちゃんのブログの言葉も大好きよー。
過去ログも全て読み終えた私。。。
惚れたぜ!

よかった。

まりんこときよちゃんの話が
官能、じゃなくて、感応して、本当にうれしい。
話を聞きに来ようとするまえには
うちらとの関係までが変わってしまうのではないか、とまで
不安を感じとったんやね。
そのことを知れて、わたしたち夫婦にとっても
とても良かったよ。
まりんこのように
仏教にちいと興味はあるばってん
その話を聞いて、たとえば『やっぱりあんまり好きじゃないや』と思ったときに
わたしたち夫婦との友だち関係まで失ってしまうのでは、と考えて
話をききたいのに聞けない人もおるかもしれん、って気づけたもん、うちら。
やけんまりんこにはとても感謝しとる。ありがとう。
nipulさんが言うように
この日のまりんこはわたしから見てもなんかキラキラしとったよ。ほんと。
みずからのなかにある種に気づいたんやな。イェイ♪

Re: nipulちょん

こんにちは!nipulちょん。

あら、黄金週間に関係ないのん???
休みなし?しっかり働きやーーー。

うん、全然私はわからんのやけど、ひとつひとつwさまが丁寧に説明してくれるから
無事終えることができた。

そうやのそうやの、すごく悩んでたんよ。
大好きな二人やから、だからこそ失いたくなかったんよ。
でもある日、たとえ自分の嫌な所を見つけたとしても、
この二人は全てを受け入れてくれるんやん、って思ったの。
だからこそこんなに好きになった二人なんやんって。
しかもようよう考えたら人間なんて完璧やないもんね。
w様もこの日自分も日々もがいてるって言ってたように、
その日々向かい合うことが大事なんやと思った。

うん、ブラジルって宗教の影響力がすごく強い。
みんな足しげく教会に通ってるもんね。
でも私は教会に通ったからよいとか別に思わない。
教会に通っていても、自分さえ良ければ良いっていう人、すごく多い。
だからブラジルに来て余計宗教なんて意味ないやんって思ってた。

そんな私が今こうあるわけだから不思議やなあって思う。

でも別に宗教宗教してるわけやないんよ、今までの私と同じ。
でも新しい考えを知っただけ。

Re: macedinhaちゃん

うん、なんかね、自分の心の中にか細い芯があったの。
それは自分が読んだ本から得たものであったり、
友達の言葉であったり。
でもその芯がより太いものになった気がする。不動なもの。
何があってもブレないもの。

macedinhaちゃん、
ブラジル来て2年って言ってたやんね?
私もその頃、macedinhaちゃんみたいに思ってた。
生活がぜんぜん楽しいなんて思えてなかった。
日々子育てに追われて、誰とも話しをしなくて。
不安定というか、もう割れそうやった。

贅沢なんかちゃうよーーー、
何か足りないと思うことってすごく大事やと思う。
何かがしたい、何かができるって思えてることやもん!
今は子供も小さいし、日々に追われているやろうけど、
ゆっくり見つけていったらいいと思う。
探している心がある限り、その何かは存在するんやと思う。

たまちゃんたち夫婦は素晴らしいやんね。
下品なのに(ぷぷっ)、とても心が綺麗なんよ。
形やないなぁっていつも思う。

おおおっ!
全部読んだのーーー!
すごいやーーー。
ってことは、私の妊婦姿も見たのね♪ 
っというわけで惚れたんやな、なるほど。

Re: よかった。

官能した、官能した、見事に!

うん、そりゃ不安に思ってたわー。
だってやっぱりたまちゃんたちが信じているものってすごく大きいんやもん。
やっぱり私らの関係が僧侶と信者さんになるんやないかと
思ってた。

実際終わってみて、なーんもかわらんかった。
たまちゃんはたまちゃんらしく大股開いて寝てるし、
w様はいつものw様らしく良い音を流してくれる。
かわったことはただ一つ。
同じ思いを持っていることで、不思議と繋がっているような感がある。
僧侶と信者さんという狭い枠にはまりきるものやなかったわ。

うん、まさに種やわ。
心の奥底にあった、私も気がついていなかった種を、
たまちゃんとw様が見つけてくれた。
毎日大事に育ててるで。

大好き! むちゅ♪

いい話だなあ☆

まりちゃん、まいど〜。連続して投稿しているのは、
黄金週間だからです!(笑)やっと休みにはいったよ〜。
けど、会社の取引先のお客さんたちは、10連休だったりして、
昨日は全然会社で電話ならんかったな〜。

まりちゃん、インド会社で一緒に働いてたときも輝いてたし、
甲子園ではさらに輝いてたと思うけど、
今はもっと輝いてるよ!

心の芯となるもの、よい記事だなあ。ありがとうね!
ブラジルや、ペルーはもっとカトリック色が強いよね。
アメリカでは、南米から移民した人たちが、
ここにきてカトリックからプロテスタント(福音派)に
「改宗」する事例が多いみたいね。
神父さんを通さず、神とつながりたい、という
意思のあらわれとか。それで急速に
福音派の教会が増えてるらしい。
教会では歌ったり踊ったり、にぎやからしいね。

移民が教会へ通うのは、「教会が唯一、自分をあたたかく
迎えてくれる場所だから」らしい。
違法移民も多くて、なにかと肩身が狭い、
英語もそんなにできない。教会が唯一居場所になってる。

まりちゃんのブログ見て、その話を思い出したよ。つまりみんな、
自分が自然な状態でいられて、心の平和を持てる場所を
求めている。

私は特定の宗教はもってないけど(まあ、家は浄土真宗やねんけど)、
神様は、というか、霊的ななにか人智を超えた大いなる存在は、
その人それぞれの中にいるんだと思う。
だからその存在と自分がつながった時、人は
心に平和を持てるんじゃないか、と思う。

まりちゃんは今回、友達をとおして、儀式をとおして、
如来様とつながったと思う。そして、いつでも
つながることができるんだと思う。今までもきっとそうだったし、
これからもずっと。

ハードボイルドな土地、ブラジルで、
心に平和をもって人生を楽しんでいるまりちゃんは、
すっごく素敵だと思う。これからも応援してるよ!

Re: いい話だなあ☆

rainyちゃん、まいどーーん♪

む!さすが黄金週間!!!
え・え・なー。
うちも今日兄夫婦と久しぶりに話ができてすごく嬉しかった!
やっぱり画像で話せるのはちがうなぁ。

あら、インド会社で輝いてた???
そう言ってもらえると嬉しい。
うん、あの頃もすごく幸せやったなぁ。
でも今はもっと幸せやーーー。
きっとね、彼と一番しんどい時を乗り越えることができたのが何よりも幸せ。
つくづく、思う。
なんかモノじゃないんよね、私の心を埋めてくれるのは。
やっぱり人のあたたかさやと思う。

甲子園ではより一層輝くでーーー。もちろん。
久しぶりに行きたいなぁ。
でも知ってる人ほとんどいないやろうなぁ、悲しい・・・・・・。
それでも行きたい。やはり私の狙いは和田やな。ふふふ

へー、そうなん?
カトリックからプロテスタントに改宗する人が多いんや。
カトリックの神父さんでも歌ったり踊ったりする人がいるけど、
やっぱり反対する人もすごく多いらしい。
それでも続けるのは、やっぱりたくさんの人が来てくれるからやって。

あぁ、何かすごくわかる気がするなぁ。
唯一自分をあたたかく迎えてくれる場所。
ブラジルの日系移民もそうだったもんね。
うちのじっちゃんばっちゃんも言ってた。心のよりどころやったって。
やっぱり当初はもちろんポル語も話せへんし、
戦争もあったからとても肩身がせまい思いをされてたもんね。
そんな中今のブラジル社会で日系というとても良いイメージを
築き上げてくれた方々は、本当に想像できない努力のもとなんやなぁって思う。

私もね、今でもそんな特に宗教をもった、なんて思ってないねん。
日々の生活をもっと肩の力を抜いて生きていくことができるヒントを教えてもらっているような感じ。
でもすごいなぁ、rainyちゃん、
霊的ななにかはその人それぞれの中にある、かぁ。
すごいこと知ってるなぁ!
私、知らなかったよ。
私今回手を合わせてお祈りするとき左手は私たち、右手は仏様をあらわすんやって。
それってつまり、私たちの中に仏様がいるってことよね。
感動したーーー。

ありがとう、うん、これからも応援してしてーーー♪ うふふ
応援されると伸びる子です♪
name
title
mail
url

[     ]
トラックバックURL
http://marincoco.blog.fc2.com/tb.php/180-fa62f853
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。