2017.04 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 2017.06

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

流産の処置

2013.01.17 Thu
まいどーーー!



今日は先日あった流産の処置について。



朝処置して夜には家に帰れると聞いていたので、
朝の6時から処置予約。


家出たの5時やし、5時!!!



6時前に着くものの、もちろん6時から処置が開始なはずもなく、
始まったん、結局7時半とかやったんちゃうかなーーー。


この1時間ほど、私処置用の服着てお尻放り出されたまま待ってたし。
ついでに隣にいた妊婦さんも一緒にお尻放り出したまま・・・。



そして、点滴をまずされて、また待つ。
この時は隣の出産を楽しみにしていたので、全然苦ではなかったな。
いやね、寒いねん!とにかく!なんせ、お尻放り出したままやから!!!

オギャーっと聞いてから、私の処置が始まった。


まずは背中にぶすぶすっと2回ぐらいかなあ、麻酔をされた。
日本の友達は全身麻酔されたみたいやけど、私は下半身麻酔だけ。


処置自体は10分から15分ぐらいで終わった。


処置後、取り出された赤ちゃんを頼んで見せてもらった。
妊娠2ヶ月ぐらいやったから、もちろん人の形もなんもないんやけど、
それでも少なくとも一定の時までは育っていた細胞を見て感動した。

他人にはきっと細胞にしか見えなくても、
私には感じた、つながりを、見えない何かを。

プラスチックのちっぽけなコップに入った私の赤ちゃん、

きっとまたどこかで、いつかの時代に出会えると強く思った。


この思いを、ずっと忘れないでおこう。
例え、形ある命がなくなったとしても、思いは残る。私の心で生き続ける。



そう思えたのは、やっぱり隣でオギャーっという生命の誕生に立ち会ったから。
そんな奇跡の瞬間に立ち合わせてくれたブラジルの寛容なシステムに感謝した。


友達とも話していたんやけど、
日本やったら、あえて流産の処置をする人と出産の処置をする人を分けるところが多いだろう。
ブラジルは人は人、自分は自分というところがあるから、
こんな風に流産だろうが出産だろうが別室に分けたりしない。


ほんまやなぁって思った。
私は流産の処置をしたけども、看護婦さんは誰一人として特別な扱いをしなかったし、
腫れ物に触るような扱いをしなかった。

ごく自然なこととして扱ってくれた、だから私もごく自然なことなんだ、と、
流産の事実をすぅっと受け入れることができた。


ブラジルの医療現場にも問題は山ほどあるけれど、
良いところもいっぱいある。


さて、処置後、ガラガラと部屋に連れて行かれ、問題はここから。



    ひ ☆ ま



起き上がったらあかんし、ご飯も食べたらあかんから、
とにかく暇で暇で。
寝転がってなあかんから、2冊も本を持ってきたのにそれも読めん。


こっそり食べようと思ってきたbis(チョコレート)をヒデヲに頼むも、却下される・・・・・・。




あああ、おなか減った。



やることって言ったら、部屋に飾られてるキリストさん見るか、

15012013 1603



永遠に流れ落ちる点滴を見るか・・・

15012013 1604



ヒデヲを見るか・・・

15012013 1609



やもん。



ぐーぐーおなかがなる中、
処置後12時間後にして、はじめてご飯をいただけることにっ!!!


ま、まさか・・・ フェイジョンスープ???

とか思ったんやけど、今回は・・・・・・



野菜スープやった!!!

15012013 1610


お腹が減ってたから、ペロリと完食。



結局、もう少し安静にしたほうが良いということで、
翌日の朝、朝食をいただいてから退院した。



2週間後ぐらいに検査に回した赤ちゃんの結果が出るから、その時にまた病院に戻るように言われた。

私は自営で保険も入ってなく、今回はparticular(公共の無料の病院でない)で処置したため、
R$900 かかった。
ちなみに出産時はR$2500 ぐらいかかったと思う。(2008年度)


あらためて、、、保険に入ろうかと思った・・・・・・。でも、高いのよぉーーーーー。



今回は残念やったけど、
リラックスして処置に望むよう配慮してくれた先生、
心配してくれた友達・家族、
おりこうさんにして待っていてくれた大輔とぽにょ、
そしてずっと付き添ってくれたヒデヲ。


あらためて感謝。

そしていつかまた良いお知らせを伝えることができたらええな☆


オブリガちゃん。


関連記事
スポンサーサイト


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
<<2013年 | ホーム | やはり肉だな>>


股あらためて感動した!

おなかから取り出した赤ちゃんになるはずやった受精卵、
みせてもらえたんやね!
これまた日本では考えられんなあ。
オレは自分の盲腸を見せてもらったっちゃけど
特別なことやったもんね。
赤ちゃんまたやってくるねきっと。楽しみやね。
サンパウロは大都会やけん、公立でもいい出産できる病院多いけど
そこはド田舎やけんね、私立の病院のほうが安心やん。
妊娠出産が保険適用になるには、たしか1年以上前に保険入っとかなならんのぜ。
さ、急ぎなされ。
お、それよりも妊娠のせいにして、ぶくぶく肥え太ろうとしとった腹肉をもとに戻せよ。

Re: 股あらためて感動した!

うん、見せてもらったんよ。
赤いね、綿毛のような細胞がフワフワ浮いていた。
日本では見せてもらえないのかな?
うちのオカンが取った子宮筋腫、子宮ごと私は見せてもらった。
その時は、とてもショックやったな。
母親の体の一部を取り出された、という感じやった。

玉ちゃんは盲腸を見たのか!
人間の体の一部を見ると、驚くね。
ほんまに標本のままやもの。

あ!ちゃうねん!
田舎やからね、私立の病院ってのが、ないのよ!
もちろん個人のクリニックに通うんやけど、
田舎やから出産の施設がないねん。
だから公立の病院を使わせてもらうねん。
唯一の違いは、個室ってぐらいちゃうかーーー。
ご飯とかも一緒よ。
しかも田舎で病院ガラガラやから個室の意味ないし・・・。ぷぷっ

だから実はSUSで処置してもらおうかとも、思ったんやけど、
いつも見てくれてる医師の方がいいなと思ったの。

玉ちゃん、言ってたね、公立の病院もいいって。
spはひどい扱いをされるってイメージがあるけど、
この前の婦人検診もそんなことなかったもんね。場所にもよるのかな。

私は実は次妊娠したら、SUS(無料)で産みたいねん。
particularの先生はどうも帝王切開にしたがる傾向があるから。
でも、卵巣にあるできもん取ってほしいから、どっちにしろ帝王切開になるわーーー。ちっ

そういや、玉ちゃんのお産話、聞いたことないな。
今度会ったら話してもーらおっと♪
すぽーーーんと産んでそうやなぁ。フフ

そうやねーーーん、
確か10ヶ月ぐらい前に入っておかなあかんよね?妊娠発覚前の。
でも姑家族と一緒に入れる保険があるらしいのよ。
しかもそこまで高くないらしい。
それなら入ってみようかなあと思ってね。

私は若いけど、姑たちにはいいもんね。

no subject

こんにちは!
まりんこさん、たまにブラジル在住の人に言われるんですけど、僕は早起きじゃなくて、夜更かししてるだけです(笑)
昼間、仕事から帰ってきて、飯食べて、ちょっと昼寝してからクリエイティブタイムになるわけです(笑)
大体寝るのは日本時間で朝4~5時の間かな。
よくもっと早い時間に活動して早く寝れば? とか言われるんですけど、頭がすっきりしていないと、小説を書くのも読むのもできないんです(笑)

日本で好きなアーティストはホントにいないかな(笑)
十代の頃は安室とかがまだ〝トライミー〟とか歌ってた時代は聴いてましたけどね(笑)
その後、アメリカのうるさい系、ハードコアとか聞き出して、スリップノットとか。
その後、エミネムとか好きになってHIP・HOPが好きになって今はブラジル音楽に嵌ってます。
seu jorge聴きました。なかなかカッコイイですね。関西弁で訳したまりんこさんと博多弁?で訳したゆきゑさんの歌詞に爆笑しました。

打って変わって今日の記事。
まりんこさん、本当に素晴らしい体験しましたね。
これって日本にいたんじゃ絶対に体験できないことだと思いますけど、女性だから感じられる奇跡でもあると思います。
まりんこさんのダンナさんも、赤ちゃん見ましたか?
もし、僕のパートナーが同じ体験をしたとしたら、僕も絶対にその赤ちゃんを見たいと思います。
絶対に生命の素晴らしさを感じると思います。
それに、特別扱いしないブラジルの看護婦さんも素晴らしい。日本だったら、それこそ腫れ物に触るようなあの感じが滲み出てしまうと思うな。
こういう何気ないところにブラジルの良さが感じられますね。

部屋に飾られたキリストさん、ツボです(爆)

no subject

うん、ブラジルで凄いのはそういうところやろうね。
そんな特別意識を特にしない。
日本だと本当腫れ物に触った感じやもんね、その通り。

もちろん、悲しいのは大前提やろうけどね。

うん。マリンコがそう考えるのって良かったと思うょ。

no subject

処置が朝の6時予約・・・早い・・・早すぎる・・・・(*_*)

妊娠2ヶ月の赤ちゃんってどんなものか想像つきませんが、自分とつながっていたと思うと、感動ですね。
二人の結晶は、産まれてくることはできなかったけれど、心で生き続けますよ。
まりんこさんと、ヒデヲ氏の心に。
流産と出産を別室に分けたりしないからこそ、生命の誕生という神秘的な場面に偶然立ち会えて、なおさらそう感じますね。

私ね、不謹慎ですが、入院したことないので、1-2日の入院に憧れています。(アホですよね)
でもね、ヒマな時間だけは耐えられないんですーーー!!!
じっとできない病なんです、わたし。
だから、まりんこさん、よう耐えましたね!!頑張りましたね!!!
ヒマな時間って、苦痛ですよね~・・・
でもヒデヲ氏が近くにいてくれたみたいですし、いいじゃないですか(^^)

保険、大事ですよー!
ブラジルの保険事情、全然分かりませんが、誰でも気軽に入れる安い保険があれば安心ですね。
医療費が無料とはいえ、待ち時間が長かったり、処置が遅ければ、お金払ってでも早く診てもらいたいものですから。
英国も同じく医療費が無料でしたが(英国国民のみ)、予約が数ヶ月先とかザラにあるって言う医療システム。。。
来週とか、再来週とかちゃうんかいー!と何度思ったことか。笑
健康ってホント、大事ですよね!

Re:nipulちょん

こんにちは!
いや、こんばんは? ふふ

夜更かし!!
夜更かしにもほどがあるわよーーー!
しかもクリエイティブタイムとは!すごいなー、nipulちょん。
だって、昼間仕事から帰ってくるってことは、あなた、朝早いんでしょ?

私も前は夜更かししてた人やったけど、それはすごい!
今はもう21時過ぎたら眠たくなってくる・・・・・・。
きっとね、暇なのだと思う。
昼間は本読んでるし、家族とも朝昼夜と話いっぱいするから、
夜になると、もうすることなくなるんやと思う・・・! ザ!田舎!!!

ふふ、nipulちょん、おもしろいね、
トライミーを出すところが・・・。よっぽど好きやったのね。
普通みんなcan you celebrateとか言うのに、トライミーと、来たか!
私もサビ、歌える♪ 
でも私その頃は、アムロとかよりもジュディマリがすきやった。
あれ?同じ頃よね???
ちなみにヒデヲからの呼び出し音はジュディマリだったりする・・・。35歳☆ あかん?

あ、セウジョルジ良かった?
あの声と、いつも衣装のセンスにやられるわぁーーー。

ヒデヲは赤ちゃんは見てないねん。
別室で待ってたから。
でもどんなんやったから説明した。

うん、ここの人たちはストレートやから私には合うなぁ。
だって、看護婦さんなんて、私にこんな風に聞くねんでー。

あなた、妊娠してるほう?流産するほう?

あ、流産するほうです、と私

あ、やっぱりねー、おなかぺったんこやもんねー、ガハハって笑ってた。

苦手な人は苦手やろうけど、
私はこんな風にさらっと話してくれる人のほうがいいわ。

えええっ?キリストさんツボやった?
私は12時間近く見てたから、もういいわ。
映画は3本見たでー。

日本の映画、禅(余計頭痛くなったんやけど)、
あとはブラジル映画、e ai comeu?
broder

もうええわーーー。

Re: ひきわり納豆さん

そやねん、それね、ちよさんに言われてね、
あー、ほんまやなぁって思った。
全然特別意識しないもんね。
前ね、お産して入院してたとき、
隣の部屋は何かの手術をしたおばあちゃんやったんよ。
一緒にリハビリで歩いたり、話したり、
全く違う環境やからこそ、学ぶべきことがあるやんね。
おばあちゃんも元気でるわーって言ってた。

えみちゃんも色々経験してるから、
ナタウの状況とこっちとは違うやろうね。
またその辺も詳しく聞きたいなぁ。

私さ、入院中の姿の写真をとろうかと思ったんやけど、
ひどすぎてよう写真とれんかったわ。
誰かさんは写真撮る上にブログにもでかでかと載せてたやんね~♪ ふふっ

Re:まいちん

ね、早いでしょ?6時やもん。
私、時間にはうるさいから、6時15分前には着いてんで。
ブラジルは時間にルーズやから、どうせ遅れるってわかってても、
遅れていけない、この性格が憎いーーーーーーっ!
なんせ、きっかり日本人やからねっ。

2ヶ月の赤ちゃんはね、もちろんぜーんぜん生物の形なんてしてなかったよ。
ただの細胞がふよふよ浮いてるだけやった。
でも、その一部が数日前から体から排出されていたから、
とてもただの細胞には見えなかった。

私、人生の中で起こること全てに意味があると思うねん。
たとえ小さなことや、大きなできごと、うれしいこと、かなしいこと、全てに何らかの意味があると思う。
だから、今回起こったことも、それが何を意味したのかちゃんと把握したかった。
ちゃんと理解することで、人って大きくなるし強くなると思うねん。
私は過去の自分も好きやけど、今の自分が一番好き。
いつもそう思えるようにありたいねん。

あ、実はね、私も入院生活したことないんよ。
いや、出産のときがあったか、あれが初めてやったな。
いやねーーー、入院ほど避けれるなら避けたほうがいいよ!

ヒマ、、、ですから。

そしておなか減るから。
本もたくさん読めると思ったけど、寝転がった状態ではずっとは読めないし。
結局ずっと映画見てた。。。
でも映画もそんなみてられへんやん?
何本も続けてみたら頭痛くなるから、映画見てはぼーっとし、寝る。
その繰り返しやった。
子供が入院なんてほんま悲惨。
病気な子供を見てるのが辛いし、疲れるし、そして退屈する子供と遊ばないといけないし、ベッドは硬い。

あ、英国も無料なんや!
うん、そうそう、無料やけど、予約待ち、普通やんね。
こっちはね、内容によっては半額だけ払ってすぐに予約できたりもするんよ。
全部の科ではないだろうけれど。
私も病院が無料ですごく助かってるけど、
正直、医療関係は多少でも有料にしたらいいと思う。
無料やからね、元気やのに毎日来る人いるねん!ほんまに!!
あとは仕事さぼるために来たりする人もいるし。
だから多少でも有料にして、病院の効率と質をあげてほしいって切に思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: no subject

ね、見ておきたいやんね。
私も目に焼き付けておきたいと思った。
ポリープはにょろにょろなんや!
うちのオカンもポリープがあって子宮ごと摘出したんやけど、
確かポリープはごとごとボールのようだった覚えが・・・。
ずいぶん前の話しやから記憶が定かではないわーーー。

うん、こっちって基礎体温ないやんね?
私医師に一生懸命説明したけど、始終???やった・・・。
ほんまにないのかなぁ。
とりあえず当時言われたことは、排卵日、つまり生理後14日前後3日間に集中するようにと言われた。
最初は私も2週間後とか、きっちり見てたんやけど、やめた。
○○ちゃんも、しんどくなってきたらもうカレンダーみないほうがいいよ!
見るとね、すごい頭でっかちになるから。
しばらくの間、忘れていいと思う。
筋肉と一緒で、頭もちょっとの間ときほぐしてあげる必要があると思うねん。

私も飲んでた、その薬でなくて、gestanなんとかって薬やったと思う。
効果は同じやないけど、一部重なる。
子供ができやすいとか、言ってた。
それは妊娠が発覚して、出血してたときに医師に処方してもらったものやねんけど、
でも先生、処方しながら、これは流産に効く薬ではないねん。
流産に効く薬はない、けど、妊娠しやすくなったり、赤ちゃんが形成しやすくなるって言ってた。

あー、ブラジルの病院ね、時間かかるやんね。
私もそう思う。
予約ってあってないようなものやもんねー。

まりんこさん、お疲れ様でした

隣の方の出産を自分のことのように
喜んであげられる
まりんこさん、本当に素晴らしい。

今回お腹に宿った子か、また別の子かもしれない
けどまたまりんこさんのお腹の中にきっと
戻ってきてね^^

いちご祭りが有名なアチバイアの公園に
生物の博物館みたいなところがあるんですけど、
それぞれの段階での本物の人間の胎児の子が
見られます。
夫の会社の日本人男性の出張者の方と一緒に
行ったんですけど
「え?え?これ日本だったら絶対見せられないよね?ちょっと衝撃すぎて見れない・・・」
と狼狽してたけれど、私はそのとき妊娠5ヶ月で
5ヶ月の胎児の子はすっごいちっちゃいのにもう人間の
ミニチュアみたいで綿棒の先の大きさくらいのおちんちんがついてた!!!
あまりの神秘さにまじまじ見てしまった!
こういうのは隠すんじゃなくて、高校生とかくらい
から見せて命の大切さとか認識していくほうが
いいと思った。

ちなみに私もゆきゑさんと同じUNIMEDに入ってますが、加入1年未満だったので
ので妊娠中の病院にかかるものはすべて保険でカバー
されたけど出産費用だけは実費でした。
同じUNIMEDでもランクの高い種類のだと1年未満でも
保険でカバーされるみたいです。

Re: まりんこさん、お疲れ様でした

summereyesちゃん、ありがとう、素敵な言葉たちをくれて。

summereyesちゃんこそ、大変なときにこんな優しい言葉をくれて
とても嬉しい。

うん、赤ちゃんはくるときは来る、こないときは来ない、
そういうもんなんやって思えるようになった。
結局来なかったけど、素敵な彼と息子がいて私はほんまに幸せやって再確認できたよ。

アチバイアにそんなとこあるんやーーー!
アチバイアはね、いっつもsp行くときに通るねん。
けど、町の中にまで入ったことないんよねぇ。
でもそんな博物館があるなら今度いってみよ!
私もそういうのすごく好きでね、日本でも人体博物館やった?
あれによく行ってた。

衝撃やけど、私たちの体の中に起こってる現実なんやもんね。
すごく興味深いやんね。
この前FBでたぶん6ヶ月ぐらいやと思う。
そのぐらいの手のひらにのる赤ちゃんの写真があった。
それもすごく衝撃やけど、それでも生きてるんよねぇ。すごいなぁ。

unimedかぁ。私も調べてみたけど、
unimedは、結構高くて手が届きそうにないやぁーーー。
nipomedっていうの知ってる?
ミナスだけかなぁ。
使える場所はかなり限られてるんやけど、大分格安で、支払い金額も確か60%ぐらいやったかな、
それにしようかなぁって検討中。
出産費用はね、もうあきらめてる。実費っす・・・・・。 おおうっ
name
title
mail
url

[     ]
トラックバックURL
http://marincoco.blog.fc2.com/tb.php/134-771dc621
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。