2017.03 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 2017.05

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

すんごくしあわせ

2013.05.18 Sat
まーーーーーいどーーーーーーー♪



いやいや、もう題名の通り、私 しあわせ なんですわ。



彼が大学に行き始めて、寂しい夜を送っているけれども、
毎日楽しそうにしている彼をみて、すごく し あ わ せ



寂しい寂しい夜を月・火・水・木・金と過ごすから、
金曜・土曜・日曜がとても愛おしく思える。



一緒に過ごす時間が短いからこそ、お互いのことを思い合うことができる。
前は彼は起きた後ベッドカバーとか直さなかったのに、
今はちゃんと自分でする。

朝ごはん食べた後もいつもそのままやったのに、
今はちゃんと自分でする。


大学が始まり、正直私のすることがすごく増えたけど一言も言ったことない。
けど、彼が私を見ていてしよう、と思う気になったんやと思う。
私が喜ぶやろう、と思ってしたんやと思う。


その気持ちがすごく、嬉しい。


そしてそんな嬉しい気持ちを受け取ったら、もちろん私も彼の喜ぶ顔が見たくて、
彼の負担になっていることを手伝おうとする。


負の連鎖、の逆よね、良いことの連鎖。
良いことは良いことを産む。




そして金曜日、毎週私は寂しくのんでいたのだけれど、
最近良い飲み仲間を見つけた。




しゅうと。




舅もよく飲むし、前から一緒によく飲んでたけど、
今や二人だけでも飲むもんね。


すごく嬉しい。


なんでも話せちゃう。



前なんてな、何言うてんねん、このオッサンって思ってたけど、
今は舅を見るとうちのオトンを思い出す。

オトンもこんな感じに息子を抱くだろうなぁとか。




なんかね、自分にとって寂しいと思うことでも自分の気持ちの持ちようで
こんなに物事は変換していくんよね。




今は彼を待っている時間でさえも、愛おしい。


愛って、こういうことなんや。
最近になってやっとわかった気がする。
相手を思いやるってことが、やっと理解できた気がする。



ここに辿り着くまでとーっても長かったけれど、すべて無駄じゃない。





ああ、早く彼が帰ってくるとええな。





スポンサーサイト

応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

おんなのこ

2013.05.12 Sun
まいどまいど!


PCがスムーズに動くぅーーー。

すらすらすーらー♪ 気持ちええなぁー、これだけでなんて幸せなんやろ。ぐふふ



この前友達と話していて、ふと思い出したんやけど、
そういえば私、まだ



脱毛終わってなかった・・・・・・・




確かあと2回行けるはず。
(過去の脱毛部活動はコチラから)




私の好きなROSIちゃんが辞めてしまったので、
おまけでしてくれていた他箇所脱毛のサービスは受けれなくなっちゃうけど、
それでもまだ2回分は残ってる。



でも、どうも行く気にならない。


なぜか・・・。



自分を飾る必要がなくなったから。 だった。



脱毛していた頃は、彼とうまくいっていなかったからとにかく彼を振り向かせたかったのだと思う。
何かしら日常とはちがう、いつもと違った自分を見せたかったのだと思う。



でも色々乗り越えた今。
彼の愛を再確認できた今。



もう着飾る必要がなくなった。



それは別に気にしなくなった、というわけではなく、自分に自信が持てたということ。



おんなのこって可愛いね。(わたしのことね、私。35歳。)


なーんだか嬉しくなった反面、
それでももったいないからワキぐらいは行っとこうかと思うけれど、早くも数ヶ月経っちゃった。


さぁ、脱毛部長、年内に活動を修了し報告することができるでしょうか・・・・・・。



Q2UWqpTTUSiaaVA1368297169_1368297365.jpg




やっぱり???



応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

心の芯となるもの

2013.05.02 Thu
まいどっどっどーーーん♪


やあやあ、5月やね。
日本は黄金週間やないのーーー!


ここブラジルに黄金週間はないけれど、私も今週は輝いた週やった。
いや、現在進行形やな、輝いてる。


ここ数ヶ月前からずっと気になっていたこと。


友達の心の芯となるもの。


大好きな友達が、僧侶で、そして僧侶の妻。

自分が苦しく、さすがにもうあかんわって思ったとき、
彼らたちがさらりと言ったその言葉たちがすとんと心に落ちた。


笑っちゃうぐらい、心に馴染んだ。

それから月日を重ねるごとに、彼らたちの言葉がやわらかく私の心と体をどんどんと包み始めた。

より一層、その心の芯となるものを知りたくなった。



ただ、私には一抹の不安があった。

もしもその芯となるものが絡むことによって、私たち友達の関係が変わってくるのでは、、、と思った。
今は心許せる、何でも話せる友達だ。
けれど、その心の芯となるものがあまりにも畏れ多いため、
今までのようにバカなことを言ったりできなくなるのではないかと思った。
また逆も言える。
もしや彼らたちが、私の嫌な所を見つけるのではないかと思った。



悩むこと数ヶ月。


不思議とその思いが切れた。
彼らたちは全てを受け入れてくれるやろう。
そして私も嫌なところを全てさらけだせれる、そんな自信が湧き出てきた。



そんな経緯があって、この日を迎えさせていただくことができた。





結縁灌頂




如来様とご縁を結ぶ儀式



p2.jpg



p1.jpg



p3.jpg


p4.jpg



p5.jpg



おかしいなぁ、
私宗教なんていらんわぃって思ってた人。
保育園・大学と某宗教系のところに通っていたのだけれど、どうもその考えにしっくりこなかった。

宗教なんていらない、私はたくさんの本から心の芯となるものを探してきた。
でも、宗教って本と一緒、いやそれ以上。
宗教のことだけやなく、多岐にわたることを教えてくれる。
ややこしい考えをするっとシンプルにまっすぐにしてくれる。


脳天から足の先っちょまで、ふわふわしたやわらかいベールに包まれてる気分。


幸せ♪




やわらか夫婦のブログはコチラ



応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

もう無理だと思ったとき

2013.04.12 Fri
まーいどまいどーーー♪



ブラジルに来て6年

当初はこの慣れない山の中の暮らし、姑家族との同居やらで、心がもうぼろぼろだった。

日本にいるときは、嫌なことがあればどこかにすぐ出かけることができる。
けど、ここブラジルはそれが簡単にはできない。


どこに行こうとも、山の中の町は15分で終わっちゃうし、
他の町に行こうともすれば、車が必要になる。
当時は免許がなかったので、一人になるためには誰かに頼んで連れて行ってもらわないといけない。
そうなると、一人になるとかそんな問題じゃなくなってくる。


家の中は同居していたので、
一人になるためには自分の部屋しかなかった。
でもその部屋でさえも、彼と一緒だと息苦しく感じた。


それだけでも頭がいっぱいなのに、
息子が大泣きしたときには、私も泣いた。
もう、私が泣きたいよぅって泣いた。


自分の中のストレスがどんどん溜まっていくと、
彼の良いところでさえも見えなくなっていった。
嫌なところばかり探すようになった。

姑家族はもっと嫌なところばかり探した。


そして自分のことはもっと嫌になった。


心がぼろぼろになって、そして育児で寝不足で頭がぼぅっとしだすと、
もうこのまま消えてしまいたくなった。


日本に帰りたい、そう何回も思った。
けれども、自分でブラジルに行くと言った手前、帰ることができない。


家にも帰れず、息子を連れて夜の道を歩き回った。
たくさんの星だけが、私の心の支えだった。いや、友達だったと思う。



そんな中、私の心をそうっと救ってくれた言葉があった。
友達の言葉だった。


その友達には相談もしていなかった。
けれどもその友達がさらっと言ったその言葉は、
重くて暗くてねとねとして油のようだった私の心を綺麗にしてくれた。



無常 


だった。


友達はこう言った。

ものごとはひとつのところにとどまらない。
わるいことはずっとはつづかない。
じょうきょうはつねにへんかしていく。
それが、むじょう。



正直、泣きそうになった。
ひとりぼっちだったこの心が、待ってみようと言った。
この状況が少しでもよくなるのかな、期待してもいいのかな、と思った。

今は状況がどん底。
家族関係も悪けりゃ、彼とも最悪だ。
これ以上悪くなることはない。
もう少し、待ってみよう。



待ってみた。




待っていると、自分がしてきたことがよく見えてきた。
なんてひどいことをしてきたんだろう、と愕然となった。

そのひどいことをやめるようにした。
相手に変わってもらう前に、自分を変えてみるようにした。
いつもならひどいことを言うところを、ぐっと飲み込んだ。


すると、明らかに周りの態度が変わってきた。


たくさんのことはできないから、待ってみた。



そしたら今になってた。



気がつけば、彼との関係は元通りになって、
姑家族ともおもしろいぐらい関係がよくなるどころか、家族、と言えるようになった。



それからもいろいろあるけれど、
もう無理だと思うときにこそ、これがずっと続くわけじゃないと思えた。



だって、ものごとはひとつのところにとどまるわけじゃないから。






応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

べん びんど あお ぶらずぃう

2012.09.27 Thu
まいどっ!!!



しあわせーってなんだーっけなんだーっけっと。

はぁーーーーー、悲しい・・・・・・。

実は週末のパウメイラスの試合行けると思ってたのに、
よもやの義妹とヒデヲのトラブルで行けなくなった・・・・・・・。
いや、ヒデヲというか義妹の問題で・・・・・・・。はぁーーーーーっ 悲しい・・・・・・。ほんま。



で・も!

そんな悲しさを吹っ飛ばすニュースが!!!!!

実は今日、26日、友達が日本からブラジルへ移住しに来るねーーーーーん!!!!!!



どんな気分やろうなあ。今頃・・・・・。
今ちょうどトランジットしたところってあったから、少し気持は落ち着いてるやろうか。

私がブラジルへ住みに来たのは、確か5年前の5月やった。
ビザがなかなか出なくてなぁ、
確か前の仕事を辞めたのは1月末やったんやけど、
その間ずーーーーーっと何もしてなかった、、、いわゆるぷーっやってん。

で、やっとこビザも出たのでゴールデンウィークが終ってから
ブラジルへ旅立つことにした。


ビザが出るまでは、まだかまだかと思う気持ち。
でも、ビザが出た途端、え?もう出ちゃったの?という寂しい気持ち。



いざさ、ビザが出た途端、家族や友達と離れることが現実味を帯びてきて、
怖気づいたんよね。
嬉しい気持ちがある反面、この見慣れた家までの風景、夕ご飯時に漂う匂い、オカンとの夕食前の一杯、
その全てがもう繰り返すことができない日常になる、そう思うととても寂しくなった。



それでも、オカンの、


りこちゃん(うちのオカンが私をそう呼ぶねん)がどこにいても、
りこちゃんの幸せを祈ってる。



その一言がそうっと私の背中を押してくれた。
オカンとは苦楽を共にしたから、私がいなくなることは、私以上に寂しいことやったと思う。
まるで自分を納得させるかのように言ったそのオカンの言葉は、
今でも耳に残ってるねん。



ブラジルにいると、ほぼ毎日聞かれるねん、

ご両親は?
いつ来るの?
いつ行くの?
寂しくないの?


答えはいつも同じ。
いるで。
わからん。
わからん。
寂しいに決まってるやん。



でも、人生なんてそんなもんやん?
近くにいても会えないうちの兄。
遠くにいても毎日話してる私。

会うっていうことをあまり重きを置かない私。
会ってても心が通じてなかったら、意味ないやん?


どっちが良いかなんてわからへんけど、

難しいことをむごむご考えるより、
毎日がどうすればハッピーになれるか考えるほうがええやんなぁ。



17092012 023



とりあえず、友達が無事ブラジルに着いてくれるとええな☆


おいでやす、ブラジルへーーーーーー♪











応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

泣いたがな

2012.09.13 Thu
まいどーーーーー。


昨日さーーー、
フェイスブック見てたら、思わず殺意覚えたんやけど・・・・・・。


何かって・・・・・・


これよ、コレ!!!!!


557350_286608681444426_261969828_n.jpg



友達、テレビに映ったんやてーーーーー。
阪神・・・・・負けてるやん・・・・・・・・・・・・・。


友達めっちゃ笑顔やし。
ほんま、殺意覚えたわ。。。。。

根っからの巨人ファンでな、東京に見に行ったりするねんで。
超!!!大阪人のくせに!!!!!
月子(あ、その子の母親)か福男(あ、その子の父親)の血ぃか・・・・・・。

うっざーーーーー!  なおっぺよ・・・・・・。



ちょうどそんな時に、
こんなニュースが・・・・・・。


阪神 金本引退



ショックやったなあ。
確かに最近、っていうかここ数年は不調やったけど、
それでも私の中で金本は永遠のアニキやねん。
もちろん私の阪神ユニフォームは 金本 やで!!!!!
ついでに言うと、もちろん遥々海を超えてブラジルまで持ってきてるんやでっ!




詳細を読んでいて、涙が止まらなかった。

一部抜粋したものを。(詳細はこちら

--金本選手にとって、野球とは

 「長嶋(茂雄)さんではないですけど、人生そのものですね。本当にまあ、野球人生で、10歳から初めて7割8割はしんどいことで。2割3割の喜びや充実感しかなかったが、でも少しの2割3割を追い続けて、7割8割苦しむ。本当、そんな野球人生でした」



阪神ファンはブラジル人のサッカーに対する姿勢とかなり近いものがあるねん。
調子良かったら、みんなすごい拍手喝采ものやけど、
調子悪かったら、ほんまにすごいブーイングやねん。

先週あったブラジル対南アフリカのサッカーの試合のときもそうやったけど、
監督のマノ メネゼスにすごいブーイングあったんよ。
それと同じ。

なんせ、きっついねん。

ここ数年は、いくらアニキといえどもファンからのブーイングは相当なものやったと思う。

それでも、自分に負けたくないんやろうな。
自分の中で限界という線をひかないんやろうな。

彼の発言を読んでいてそう、感じた。

彼は他のチームメイトの迷惑にならないように引退するのであって、
彼自身はきっとまだ挑戦したい・・・・・そう私には伝わった。

少しの2割3割を追い続けて、7割8割苦しむ


人生の中で、限界の線を引くことはたやすい。
でも、ほんの少しの可能性を追う人生を私は格好悪いとは思わない。


アニキ、これからもずっとファンやから!!!!!


bbl12091217380003-n1.jpg


あかん、、、泣ける・・・・・・。
もっかいコメント読みにいこ。


応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

好みは変わる

2012.09.07 Fri
まいどーーん。


ねねね、昨日ね、
ヒロちゃんに言われてなるほどって思ったんやけど、
(ヒロちゃんのブログはこちらから)

好みって変わるんやねぇ。


私日本にいたときに原色が好きやったの。
黄色とか、オレンジとか、なんせ派手色!!!
いつもヒデヲに、えっ、、、、、この色???って言われてたんやけど、
ブラジルに来て、みんなやたら原色やねん!!!
日本ってどちらかというと、暗色系が好きやん?黒、グレー、ベージュとか。
あ、ベージュは暗色系やないけどさっ。

やはりサンバの国、みんな元気色ばっかり着ていて、
どうもかぶる・・・・・・!

そのせいか、気がつけば選ぶ色は黒・白・ベージュ・茶色・藍色を選ぶようになった・・・・・・。

変わるもんやねぇ。
黒白は前から好きやったけど、茶色は絶対選ばなかった。
今は一番好きな色かもしれん---。

今でも小物は派手なものが好きやけど、でも服は基本的にモノトーンが多いなぁ。


昔の写真・・・・・全然ないんやけど、一枚だけあったーーー!
これ、すっごい昔よ!多分22,3ちゃうかっ!!!


388504_10150474863451122_635826121_8860283_1549834893_n.jpg


あ・・・・・・、ヒデヲは日本にいるときもブラジルでもいつでもタンクトップ王子やから♪

冬でもタンクトップやって、
電車の中でみんなにジロジロ見られて恥ずかしかったわぁーーー!!!


変わるものといえば、
いつ見ても変わらないなあ、と思うのが・・・・・・、ヒデヲの筆跡


これこれ↓↓↓


03092012 058



ちょっと、かわいすぎへん?
この字!!!!! はまるわーーー。
昔からこの字やねんけど、毎回見てもかわいい☆

パン→あしたのも


なんてツボですよ!ツボ!!!


この変わらない筆跡が好き。
これはいつまでも変わって欲しくないなぁー。ふふ



応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

こそばい思い出

2012.08.28 Tue
まいどぉ。


今友達が来ていて話してたんやけど、
その子もと牧師さんていうの、教会でお話をする人やったんよ。
めっちゃええ子でね、でも牧師牧師してなくて、
冗談も通じるし、よく話すおもしろい子やねん。

でも、その子ええ子すぎてな、
友達に名前を貸してたんやて。
2人に名前貸してたらしく、結果、R$800ぐらいお金払わず二人とも逃げてんて。

ひどい話やろー? 800っちゅうたら、ブラジルの最低賃金より少し高いぐらいよ???
1ヶ月丸まるの給料を貸したまま逃げられたんよーーー。

アホやな・・・・・・って言ったん、友達でもありお客さんでもあるけど。
だってアホやん?名前貸すときは、もうお金あげると決めないといかんと思う。
日本人は律儀やからちゃんと返す常識があるけど、
ブラジル人は・・・・・・    ないよっ!
払う人ももちろんいる、でも払わない人のほうが多い。

でもその子、きちっとしてるから、ちゃんと逃げることもせず払ってる。
えらいな、だからその子、好きやねんなあ。

しっかり払いたまえ。。。


さて、この前の土曜日NHK見てたら、音楽番組が放送されていた。
AKBみたいなグループが今はいっぱいいるのね?
女の子がキャーキャー言っててウザかったから、チャンネル変えようと思ったら、
音楽番組が放送されてた。
その中で back number っていうグループが わたがし っていう曲を歌っていたの。

正直、別に声が好きなわけでもないんやけど、
最初はその歌詞が純粋でこそばかゆかったから、変えようとしたんやけど、
思わず歌詞に聞き入っちゃった。


歌詞はね なぜかコピーできなかったからこちらから。


いわゆる学生の恋の話。
夏に浴衣を着た彼女と一緒に夏祭りに行ったあまずっぱい話。

最初はなんか、こっぱずかしくなるような話やなーーーって思ってたんやけど、
自分が学生の頃のこと、思い出しちゃった。

私がちょうどつきあってた子と夏祭りに行ってな、
ちゃんとかわいらしく私も浴衣でいくわけよ。
ちょうどそのとき、ろくでなしブルースが流行ってたから、
きっちりお約束のようにポニーテールで行ったがなーーー。
で、一緒に花火見て手をつないだり、ちゅーしたり。

なつかしいなー、その子のこと、大好きやったなあ。

今頃どうしてるんやろうなあ。

その時にはとても新鮮に見えた物事が、
今では新鮮に見えなくなってる。
その頃に戻れるわけはないし、戻りたくもないけれど、
こんな風に感じ取っていた私がいたなあと思った、そんな土曜の夜。


さ、飲むわよーーー♪
今日は浴衣とポニーテールでヒデヲと飲もっかな☆ ぷぷ

応援よろしくだっちゃ

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。